映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 変わり亀甲柄結城紬 | main | 羽織〜着物〜羽織りと姿変え >>

たまに名言

写真はイメージ
和裁教室風景・・・この真剣になれるひと時が楽しい。

裁ち講座の風景           私の運針
 

 ちょっと難しい生地をスタッフが取り掛かり始めたんだけど、あれやこれや扱い方を聞きに来る。
不安な気持ちは分るけど、何年オレと一緒に仕事してるんだよ〜!笑
また、聞きにきた
だから〜「オレに聞かずに布に聞け!」っと。

すごすごと仮実験してましたが、急がば回れだよ
すると認識の域を越える数値が・・・答えはそこにあるんだよ。

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025165
この記事に対するトラックバック