映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
第9回 きるものがたり展 4月13日(木)〜4月16日(日) まかない半襟付け講座 5月14日(日)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< バティックの帯 | main | 明けましておめでとうございます >>

着物から道中着

作品名 着物から道中着
制作者 A.M さん

    


生徒コメント
いただきものの単衣の着物を道中着に作り直しました。
道中着は袷とは縫う順番が違っていたり、
裾の始末も無かったりと、色々新鮮で楽しかったです。
最後の飾り紐をミシンで縫い合わせる時に細くしすぎてしまい、
自力で引っくり返すことができず、
先生にほとんどやっていただいてしまいました。すみません。
でもひも結びの種類も色々あって、あれこれ結んでみたのも楽しかったです。

ちょっとコメント
道中着はコートの部類に入りますが、仕立ての成り立ちは全く違う別物です。
道中着は着物の変形としてすべて手縫いで仕上げますが、コートは西洋からの舶来が元となりミシンで縫う技術も発達しました。
山本の誂えでは、道中着も(紐も)コートもすべて手縫いで仕立てあげます。

コートと道中着はこちらの本に詳しく解説してあります

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025177
この記事に対するトラックバック