映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

吉岡政江展:2月20日〜3月20日、工房サロンにて開催します
生徒作品展:4月19日(金)〜24日(火) きるものがたり展’18 そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 「まかない半襟付」講習会 終了 | main | 大人可愛い半幅帯の着付け講習会 >>

猫柄長襦袢

 
作品名 猫柄長襦袢
制作者 T.K さん





生徒コメント
生地は工房で選びました。
シンプルなものから色とりどりのにぎやかなおもちゃ柄まで、
迷いに迷って決められなかった時、
「こんなのもいいよ」と最後に現れた猫柄で決着がつきました。
縫いやすい生地を選んでいると、言われるとおりスッスッと針が進んで
楽しく縫うことができました。(出来は別ですが・・・)
完成間近に飼い猫が死んでしまったこともあり、
特別な思いの残る長襦袢になりそうです。

ちょっとコメント
この長襦袢の生地は精華という生地ですが、産地によってピンキリです。どう判断するかというと、触った瞬間に硬いなと思えるのは 中国産の場合が多いですね。小林さんのはとてもやわらかく上等なものといえます。
布好きな人たちは、猫が好きで飼っているケースが多いです。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025180
この記事に対するトラックバック