映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月のお教室 | main | 着物から道中着 >>

バティックの帯

 
作品名 バティックの帯
制作者 M.F さん





生徒コメント
北鎌倉にあるインドネシアのバティックを取扱っているギャラリーで
一目惚れした布で作った名古屋帯です。
日本の染色品とは異なる”おおらかさ”が気に入っています。
お揃いでコートをすでに工房で仕立てていただいております。
この冬一緒に楽しみたいと思っています。
帯で出来る楽しさ、嬉しさを先生のご指導のもと満喫しました。
しばらくの間帯作りにハマりそうです。

ちょっとコメント
ビンハウスさんの生地です。
シボの高い縮緬地にチャンチンという道具を使った細かい作業にて、ツブツブを模様付けしています。13mの着尺に施すのは大変な手間をかけなければできません。
印刷の物もお土産物には数多くありますのが、やはり正当な作り方をしているのは迫力があると思います。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025185
この記事に対するトラックバック