映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 梅の花柄小紋 | main | 長男のしじら織り浴衣 >>

自作友禅唐草模様の付下げ

 
作品名 自作友禅唐草模様の付下げげ
制作者 A.Tさん




コメント
もともとは無地の着丈で、それに唐草模様を友禅染めにしたものです。
初めてきものの縫製を、それも袷で、着る日も決まっていました。
日が経つにつれ、なんて無謀なことをしてしまったんだろうと後悔しましたが、
ご指導のおかげで無事完成、予定した日に着ることができました。
ありがとうございました。
少しでも上達できるように、これからも頑張っていきたいです。

ちょっとコメント
友禅をご自作され仕立て上げました。究極の手作り着物生活ですね。
染めから仕立てまでを一貫して自身の手で作りあげる努力にただただ感服いたします。
なんて素晴らしいのでしょうか!ご自分におめでとうですね。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025190
この記事に対するトラックバック