映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月のお教室 | main | めずらしの久米島紬展 >>

中学生の職場体験

山本きもの工房では、以前から学生の地域の職場体験を受け入れてます。
先日も3人の中学生が職場体験にきました。年間15人ほどでしょうか。
仕事も同じですが目の前の一人に全力で寄り添うことが大事です。

団体になると他人まかせの無責任でいられますから、いろいろと手法や思考が働きません。何かとシステマティックに一度に何十人もの子に教えようとしますが、それでは和裁や着付、キモノのことはなかなか伝わりません。
楽しみながら、こちらも遊ぶように教える!この子たちは将来絶対きものを着ると言って帰るのです




順番と写真は合致してません。

      


工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025197
この記事に対するトラックバック