映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 青地に緑と白の名古屋帯 | main | 祖母の大島紬 >>

コウモリ柄うら地の道中着

 
作品名 コウモリ柄うら地の道中着
制作者 H.Y さん





生徒コメント
幸運と慶事のしるしの吉祥文様であるコウモリ柄の裏地を選びました。この生地との出会いは某百貨店の催事でした。朱色の地にコウモリが飛び交いインパクトがあり、是非、羽裏かコート裏に使いたいという思いがふつふつとわいてきました。

ちょっとコメント
主に大陸での風習であったのがそのまま日本にも入ってきているようです。まさに「裏」にその幸運が忍んでいるというか、ささえてくれているというか、ものすごくいい保険というか、これは心強いですね。
私の羽織の裏にも9頭の馬が描かれていて「何事もうまく行く」っていうの持っているんです。こんどチラッとお見せしましょうね。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025213
この記事に対するトラックバック