映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< きものコーディネート講座 | main | 祖母の夏大島 >>

娘の振袖用長襦袢

 
作品名 娘の振袖用長襦袢
制作者 音tennis さん





生徒コメント
帯、振袖に続いて長襦袢です。
長襦袢は難しいから最後にという事だったのですが・・・縫ってみたらその意味がわかりました。
見えている方は真っ直ぐ縫えたと思ったら、見えない裏側がたるんでいたり、縫わない布を引っかけていたり、少し慣れてきたと思っていたのに振袖の時よりずれていくような・・・やっぱり思ったように縫えません。(>_<)
あ゛〜と叫びたくなる事が何度もありましたが、まち針をたくさんうってやっと何とかなった感じです。
しかしこの頃になると何処を縫っているのか少し分かってきて、自分でも出来上がっていくのが楽しみになってきました。
娘も心待ちにしてくれていたので、励みになり楽しく縫えました。

ちょっとコメント
最初からは誰だって上手くは出来ません。大切なのは最初の一歩を踏み出すことです。
それからは放物線を描くように上達し、完成へと導かれます。
放物線なので最初はなかなか上手く出来ないし分けも分らず心配ですが、不安なんてものは持たなくてよいのです。こちらに預け手放す様に解放させましょう。
ただただ目の前の事を一生懸命やって楽しもうとすればいいだけです。
以外にも次々に光明的な閃きがあるものですよ。
さまざまな家庭や仕事場でぶつかる問題も同じなのではないでしょうか・・・明るく前向きに取らえる様に思考して最初の一歩を踏み出す勇気を待ちましょう。

生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025216
この記事に対するトラックバック