映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 蔦柄小紋の袷 | main | 琉球紬 >>

臙脂色の振袖

 
作品名 臙脂色の振袖
制作者 C.U さん



生徒コメント
娘が着たい臙脂色と、私の好きなすっとした竹。ちょっと地味な感じも娘の好みです。
縮緬の地紋と刺繍・・・。縫い進めるのに変化が多く、習い始めて日の浅い私には無謀です。長い長い袖にため息をつき、衿のくけに泣きが入ったはずなのに、ふと気付くと出来上がっていてびっくり。という感じです。
先生の魔法は凄いです。これからもよろしくお願いいたします。

ちょっとコメント
おめでとうございます。平面であった布を3次元に作り変えてしまったのは、Uさんあなた自身です。ビビデバビデブー!笑。見事やり遂げましたね。
魔法と思えたのは、それぐらい苦労も自然に楽しみながら出来た証拠ですね。
振袖や祝い着を初めての方にもそう感じていただける様に導けるのは、私達にとっても誇れる技量ですし、喜んでもらえて嬉しいです。
生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025236
この記事に対するトラックバック