映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うちわ柄の浴衣 | main | 洗える着物の洗い方/仕上げ方 講座 >>

「心よ きもの展」'15 7月1日(水)より

半期に一度、山本のセレクトした着物を10%〜30%引いた価格でご紹介する
サマーセール「心よ きもの」展 を開催いたします。ご来訪お待ちしております。

   ◆ 心よ きもの展 '15

   会 期71日(水)〜 74日(土)11:00〜19:30 

   場 所山本きもの工房  



※羽尺で長着を作る技術をご紹介します。DMご希望の方メールくださいませ。


 
                                                   中写真:芭蕉布の綾織りとありますが
                      芭蕉と絹の組織織りです 


三渓園で行われたワークショップ洗える着物の洗い方/仕上げ方」のリクエストを多数お寄せいただき、急遽会期中に講座を開くことになりました。
4日土曜日、あと2名はいれます。

 

着物をご自分で洗うのは、大変な気づかいとエネルギーがいりますよね。

撥水加工を施して洗えるようにしたのではなく、洗った時には綿や麻と同じように柔らかく変化をしていく正絹の夏の着物を実際に洗い、そして綺麗にアイロン仕上げをしてタタミあげるまでの、山本の技法とコツをお見せいたします。

 

   日 時7月1日(水)〜4日(土)/9:45〜11:00

   費 用¥2000 

   定 員各回7名



産地の方や、さながら作り手と着手の交流会の様な和やかな雰囲気です。

気になる布を手に取って、じっくりとご覧いただける機会でもあります。

スタッフにもどうぞアレコレとご相談ください。

美しい色の重なり、じっくり見つめると表情が変わる驚き、そんな心よきものたちを是非、見つけに来てください。


講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025238
この記事に対するトラックバック