映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 黒江戸小紋 | main | 着付教室がリニューアルしています >>

自作織り梅染め紬

 
作品名 自作織り梅染め紬
制作者 M.K さん





生徒コメント

春に無地の紬が着たくて、梅で染めて織って縫ってようやく仕立て上るまでにこぎつけた初作品です。まさか自分で縫うなんて山本きもの工房さんに出会うまでは考えてもみないことでした。

 お仕立てのことだけでなく、糊付けのことや湯のしの種類のことまで教えて戴き、織っている私にとっては色々と勉強になりました。手塩にかけたお着物、お出掛けが楽しみです。こちらの教室に伺っていると、次の作品への夢がまた広がります。



ちょっとコメント
この紬はKさん自作の紬です。ご自身で織って、縫って、自分の為に着る!
自覚は無いかもしれませんが着物作り、着物ライフをこれだけやれている人は、日本国中そうはいらっしゃらないと思いますよ。
私も全力で教えないと罰が当たるってもんです。夢は広げてみるもんですね。
生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025242
この記事に対するトラックバック