映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 洗える絹の夏着物 | main | 11月のお教室 >>

カラフル名古屋帯

 
作品名 カラフル名古屋帯
制作者 Y.N さん




生徒コメント

主人の転勤で、横浜に引っ越してきました。針を持った経験はあったのですが、帯はやった事がありませんでした。そんな中、帯も教えてもらえるということで、母が数十年前に用意しておいてくれた帯をやっと仕立てる事ができました。

 今度は年齢的に派手になってしまったこの帯に合う着物を仕立てたいです。


ちょっとコメント
皆さんちょっと華やかお色になると、自分には派手だと思われますが、それは洋服のコーディネートの感覚で選ぼうとしてしまうからです。帯として色のコンビネーションが鮮やかでバランスが取れていて、センスの良さが伺えます。
洋ではとてもチョイスできない鮮やかな色を使えるのが着物の醍醐味です。
そういうものを身に纏って付けている時は、とてもすがすがしく、ワクワク、大変気持ちのいいものです。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025248
この記事に対するトラックバック