映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< はじめての絵羽合せ(こども) | main | 蒔糊訪問着 >>

娘の振袖と長襦袢

 
作品名 娘の振袖と長襦袢
制作者 M.S さん




生徒コメント

娘が中学生の時に「この子の成人式に着せる振袖を自分で縫いたい」と思い、和裁教室に通い始めました。

振袖の生地は、娘が高校生の時に工房にあった物を一目惚れで選んだものでした。

色味や柄が4年後になっても本人が気に入っているか、とても不安でしたが成人式当日まで変わらず気に入ってくれていて良かったです。とても似合っていたと思います。

マイペースなため振袖と長襦袢で2年程かかりましたが、難しい部分は先生が分かりやすく教えてくださいました。

時にはポイントとなる大事な部分は見本として縫い進めてくださったりと、最後まで楽しく縫い上げる事が出来ました。

娘と私に、人生で忘れる事のない思い出を作る事が出来ました。

ご指導いただき、ありがとうございました。


ちょっとコメント
本当におめでとうございます。振袖も山本好みとして置いてあったものがお嬢様にぴったりお似合いになって良かったです。 長襦袢も絵羽になっている手染めの暈しが入った逸品で、大変手間のかかった作り方をしてあるものです。写真の色が悪くてごめんなさい。
生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025253
この記事に対するトラックバック