映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 長女の振袖 | main | 秩父銘仙 >>

次女の振袖

 
作品名 次女の振袖
制作者 M.S さん





生徒コメント

娘が思い描いているものになかなかめぐり逢わず、こちらの工房でも何点か見せていただきましたが、次第にわからなくなってしまったのです。それでも色々他のお店も見ているうちにこの振袖に目がとまり、娘自身が決めました。とてもかわいいと思いました。

長女に続き、次女の振袖も縫わせてもらった事に大変幸せを感じました。縫っていると難しかったり、思うようにはかどらなかったりしますが、いつも楽しかった!と感じていました。自分で点数をつけることは難しく、今まで応援やはげまし、協力していただいた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。



ちょっとコメント

振袖の縫い始めも、誰だって最初は雲をつかむ感覚で縫い進めますでしょう。そして段々と型がわかり完成へ向けて邁進する訳ですが、実は仕事も同じです。苦しいと思うのは最初だけ、気楽にやり進めてもいいのです。結果として振袖をニ枚縫った事実があるわけですから、それを自分の大いなる自信の源にしてください。

更に発展して、山本も支えてください。

生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025254
この記事に対するトラックバック