映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< たまご色の付下げ刺繍紋付 | main | ピンクの小紋と長襦袢(10歳、142僉 >>

夏羽織

 
作品名 夏羽織
制作者 A.M さん




生徒コメント

友人の伯母様の形見の反物をゆずり受けました。和裁をしていると言うと、思わぬ所からそういったものをいただくことがあります。お会いした事も無い故人が、お好きで選んだであろう反物が、自分の手元にあるのは申し訳ない気持ちにもなりますが、これもご縁ですので、大事に着たいと思います。


ちょっとコメント
透けている生地、またそれを着て下に着ている生地も垣間見えるときの美しさは究極のものがあります。私は好きだな。
透ける生地の場合には下に着た物がどのように見えるか、縫い込みの処理の仕方も最大限デザインしていかなければならないのに、判る仕立て屋が少ないですね。「縫い込みの処理の仕方」ぐらいの考えしかありません。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025258
この記事に対するトラックバック