映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 叔母のおさがり小紋 | main | 手描友禅名古屋帯 >>

お嫁さんの浴衣

 
作品名 お嫁さんの浴衣
制作者 橋本 恵子 さん





生徒コメント

表、裏どちらにも模様があり、可愛い柄だったので、お嫁さん用に縫いました。

夏に着てもらえたら嬉しいです。

 彼女も楽しみにしてくれているので、頑張って縫い上げました。


ちょっとコメント
染めてある物なのに、裏と表で柄が違うのって不思議に思われている方も多いのではないですか?片側染めれば裏にしみ出しますよね、普通は。
これは染める前に、裏側に染み出ないように予め裏に糊を引いておきます。そうしてから表に型を引いて表染めをします。表の染めが終わったら裏に塗ったこの糊を洗って落とします。
そして裏側を染める時には、また表と同じ行程を繰り返します。
ですから倍以上の手間がかかっているのです。
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025259
この記事に対するトラックバック