映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 手描友禅名古屋帯 | main | 2月のお教室 >>

子供浴衣

 
作品名 子供浴衣
制作者 A.岩橋 さん





生徒コメント
工房の反物をゆずっていただきました。
黒地にブルーのひまわりの柄、7才の女の子は気に入るか心配しましたが、
私の顔をみる度に「もうできた?」のさいそく。作りがいがありました。
相変わらず直美先生におんぶにだっこの作品制作ですが、
針を持つ時間が楽しくて仕方がありません。次の作品もよろしくお願いします。

ちょっとコメント
楽しみに待っていてくれるのは、嬉しいですね張り合いがありますね。
この子と船の中で花火を見ていたのを思い出します。
料理が早く終わりすぎてしまって、あの時はこの子に助けられました〜

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025267
この記事に対するトラックバック