映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

花火見物ディナー:6月2日 18:30 横浜駅マンジャーレ アートグレイス
沖縄染織いざなふの風:6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 蒔糊訪問着 | main | 叔母のおさがり小紋 >>

孫の浴衣

 
作品名 孫の浴衣
制作者 A.K さん





生徒コメント
お教室に伺うようになって初めて反物から選び縫いました。
お教室にいらっしゃってるお若い方が、孫の年齢からのアドバイスを下さり、柄を決めました。
おかげ様で、きものを一から選んで作る楽しさを味わえました。
早めに作り始めていましたので、ゆっくりと仕上げる事ができました。
お似合いで可愛く着てもらえる事と楽しみです。

ちょっとコメント
普段はあまり表立って出していませんが、選び抜いた浴衣の生地がしまってありますので、リクエストくださればいろいろお見せする事が出来ます。
成人式の振袖もぜひ自分で縫われてください。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025268
この記事に対するトラックバック