映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ピンクの小紋と長襦袢(10歳、142僉 | main | 3月のお教室 >>

急ぎの母の浴衣

 
作品名 急ぎの母の浴衣
制作者 島田 さん





生徒コメント
絞りの浴衣は姪っ子の為にと思っていたのですが、母が突然新しい浴衣がほしいと言いだしたため、二週間後のお祭りに向けて急いで縫いました。
絞りのため布地がすべらずくっついてしまい、少しだけ苦労しましたが、ぎりぎり間に合ってホッとしています。先生ご協力して頂き、本当にありがとうございました。

ちょっとコメント
お教室でありながら、急いで縫おうという事も遂げられるようになりました。
立派な事です。上達しましたね〜〜こちらも感慨深く嬉しいですよ。
これからも着物生活がお互いに深くなりますように〜〜

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025270
この記事に対するトラックバック