映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12月23日「まかない半襟付」講習会開催 | main | 七五三の三歳用被布と簡単長襦袢 >>

孫達の浴衣

 
作品名 孫達の浴衣
制作者 Y.H さん





生徒コメント
姉の孫と私の孫におそろいの浴衣を縫いました。
大人用の阿波しじらの生地で2人分、ちょっと渋い柄で
将来のイケメン(?)君達に着てもらえると思うとうれしいです。
姉の孫はさっそく保育園の夏祭りに着たとのことです。

ちょっとコメント
汗っかきのお子ちゃま達にもサラサラした肌ざわりの阿波しじらでしたら、気持ちよく着られそうです。しじらの規格が変わり一昔より長く織るようになったので、足りなくて出来ないということはなくなりましたね。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025271
この記事に対するトラックバック