映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 孫達の浴衣 | main | 染め替えた無地 >>

七五三の三歳用被布と簡単長襦袢

 
作品名 七五三の三歳用被布と簡単長襦袢
制作者 K.R さん






生徒コメント

姪っ子の3歳のお祝いに、お宮参りに着た祝着を着物に、義母の羽織を被布にして仕立て直しました。

 羽織は白地に大きな花?鶴?と金糸の入った洗い物だったので可愛らしい着物に合うか不安でしたが、中々他では見ないカッコ良い被布が出来たんではないかと満足しています。姪っ子が喜んで着てくれるかまたまた不安ですが。

当初11月に間に合うよう作成するつもりでしたが、急遽お盆までに完成させねばならなくなり、大慌てで先生に助けていただきながら何とか間に合いました。

 大人の着物と違って縫う箇所も少なくすぐ形になるので、縫っていてとても楽しかったです。ありがとうございました。



生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025276
この記事に対するトラックバック