映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月のお教室 | main | 雪輪に朝顔柄の浴衣 >>

茶色蝶柄江戸小紋

 
作品名  茶色蝶柄江戸小紋
制作者  M.K さん
生徒コメント
薄ピンク色の帯とセットになっているものを購入しましたが、その場ではとても気に入って買った筈なのに、イザ自宅で冷静になって広げてみると”茶色”って着物も洋服もほとんど着たことがないのに、なぜ買っちゃったんだろう・・・という思いになった反物です。
寝かせておく訳にもいかず、袷着物となりましたが、似合うのやら。
ちょっとコメント
お持ちになった反物に、そんな思いがあったんですね。蝶の江戸小紋柄なんて初めて見ました。固ばったイメージの江戸小紋に可愛いテイストなんて私は好きですよ。
私のコーディネートだったら帯は青い系統の明るめの色味がお似合いになると思います。ご参考に!
生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025279
この記事に対するトラックバック