映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 羽織からの名古屋帯 | main | ピンクからの染め直し無地 >>

着物から作り替えた羽織

 
作品名  着物から作り替えた羽織
制作者  T.W さん

生徒コメント
いただいた着物だったのですが、やはりそのままでは寸法がきびしいと思い、取り合えず洗い張りに出しておきました。
かわいらしい柄だったので帯を作ろうと思ってお教室に持っていきました。先生にお伝えしたところ、もったいないので羽織にしたら?!との事。裄ははぎをすれば大丈夫と言われ、羽織にしました。
2回目の袷もので久々の本くけ縫いも忘れて、おかしな縫い方をしてしまいました。(言い訳ですが・・・)
出来上がってみると、はぎの部分も気にならないので、かわいい羽織が作れて良かったです。

ちょっとコメント
帯への希望だったのですが、羽織にしたらTさんにちょうど良い色柄でしたので羽織をお勧めしました。帯は羽織で楽しまれた後でも可能です。その逆はできませんからね。接ぎをしても目立たなくするのには高度な技術が必要になります。ここまでできるとかなり目立たなくなりますね。よく頑張りました。
 
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025280
この記事に対するトラックバック