映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雪輪に朝顔柄の浴衣 | main | 着物から作り替えた羽織 >>

羽織からの名古屋帯

 
作品名  名古屋帯
制作者  T.大木 さん

生徒コメント
ずっとどうしようかと考えていた知人に頂いた羽織、私には派手でそのままでは着る事もできない、羽織は帯に出来ますよと教えていただき、さっそく初めての帯に挑戦しました。
結構古い物で、あちこちにシミもありましたが、上手く目立たないように仕上がりました。初めてで大変でしたが、なんとか無事に仕上がり本当に良かったです。着物とは、又違った感激です。

ちょっとコメント
大木さん、いい判断です。今ではこのような羽織はありませんものね。
お勧めして良かったです。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025281
この記事に対するトラックバック