映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 唐花柄名古屋帯 | main | ピンクぼかしの長襦袢 >>

習い始めの浴衣

 
作品名  習い始めの浴衣
制作者  Y.W さん

 
生徒コメント

 和裁教室を習い始めて最初にでき上がった浴衣です。

 妹が身長が高く、自分に合った浴衣がないといっていたので、

 自分と妹の分を2着同時進行で作りました。

 自分の性格が縫目に表れている気がしますが・・・

 もっときれいに仕上げられるようにしていきたいです。

 先生のご指導のおかげで2着つくることができました。ありがとうございます。
 

ちょっとコメント
凄いことです。おめでとう!と褒めるしかないです。
浴衣の仕立て方はこちらに詳しく載っています。見返せば、よりよく理解出来ると思います
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025290
この記事に対するトラックバック