映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 綿紅梅(風?)浴衣 | main | 4月のお教室 >>

父の長襦袢を自分のサイズに

 
作品名  座繰糸手織り着物
制作者  R.O さん
生徒コメント

 元は父の長襦袢を、自分のサイズに直してもらいました。

 父とは身長差がかなりあるのですが、仕立てていく中で、

 丈が変わると仕立て方も、それに合わせて色々な工夫があり、

 とても面白かったです。ところどころ縫目が粗いところがあるので、

 次回はもっと丁寧に縫おうと思います。

ちょっとコメント
縫い目も所々、違えていくものです。その場所に応じて粗めでもよい所があります。
逆に裾に近いところ、おしりの力の掛かるところ、袖付けのところ、など力の掛かるところは細か目に縫います。
一枚の着物の中にでも縫い目にメリハリがあることは、いい仕事といえるのです。
 
生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025291
この記事に対するトラックバック