映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 針の持ち方・動かし方講座のご案内 | main | きものから雨コートへ >>

共襟2本取り結城紬

 
作品名  共襟2本取り結城紬
制作者  Y.S さん

 

 
生徒コメント

お稽古用に、手頃な反物を見つけ購入しました。

結城紬は一度縫った事がありますが、今回の方が生地が柔らかく、

針の通りが良い事と、織糸を目安にまっすぐ縫う事ができて良かったと思います。

ただ、黒地なのでなかなか糸目が見辛くて、印つけも糸印にしたり、

手間はかかりましたが、仕上げる事ができました。

忘れていた部分が沢山あったので、しっかりと覚えておきたいと思います。


ちょっとコメント
反物を裁つ時に、共襟を2本取れる要尺(+50cm)があればバリエーションを格段に広げることができるのですが施しているプロは少ないかな?
柄付けの配置はご希望に添えました〜

 
生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025292
この記事に対するトラックバック