映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 習い始めの浴衣 | main | 綿紅梅(風?)浴衣 >>

ピンクぼかしの長襦袢

 
作品名  ピンクぼかしの長襦袢
制作者  Y.M さん

 
生徒コメント

 完成までだいぶ時間がかかりました。

 もう袖を縫った時のことを覚えていません。

 スローなペースですが、今回も完成しました。

 次回も、こんな調子だとは思いますが、

 自分なりにキチンと楽しんで縫っていこうと思います。
 

ちょっとコメント
なかなか長襦袢のお袖を、一回で覚えるのは難しいと思います。
楽しんで物づくりしている時が、かえがたい事です。

 

   

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025293
この記事に対するトラックバック