映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ピンクぼかしの長襦袢 | main | 父の長襦袢を自分のサイズに >>

綿紅梅(風?)浴衣

 
作品名  綿紅梅(風?)浴衣
制作者  H.T さん

 
生徒コメント

針仕事の苦手な私ですが、これまでよりもキレイにお着物を着たい!

とサイズがまちまちの着物を仕立て直そうと思い立ち、和裁を始めました。

まずは浴衣から、と思い、気に入った反物で作成に入りましたが、

縫い進めていくうちに、あまりにも下手なため、悲しくなりました。

仕立て上がるイメージが薄れたものの、形になった時は素直にうれしかったです!

しかし・・・点数を付けるとしたら30点くらいでしょうか・・・。

次回は銘仙で袷にチャレンジします。よく着る着物なので、

破れたり、ほつれたりしない様、丁寧にそしてキレイに仕上げたいです。
 

ちょっとコメント
上手くなっていく楽しみがたくさんあっていいではないですか。
こんなに大きな作品!やはり完成したら感動しますよね。
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025294
この記事に対するトラックバック