映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 共襟2本取り結城紬 | main | 友人が染めた麻の半幅帯 >>

きものから雨コートへ

 
作品名 きものから雨コートへ
制作者 K.F さん





生徒コメント

いただいた着物をほどき、雨コートにしました。

はじめての道行衿、ポケット、くるみボタン。

ひとつひとつ教えていただきながら、どうにか仕上がり、ほっとしました。

軽いコートが欲しかったので、とてもうれしいです。


ちょっとコメント
大島の様な細い糸の素材を雨コートにするのにはとても適しています。とにかく軽いですし外出先で脱ぎ着するのにもすぐコンパクトになり扱いやすいですね

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025299
この記事に対するトラックバック