映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1月のお教室 | main | 娘の振袖と長襦袢 >>

はじめての絵羽合せ(こども)

 
作品名  はじめての絵羽合せ(こども)
制作者  M.K さん
生徒コメント

今ではめずらしい子供用の仮絵羽が手に入りました。かなり長い間店頭にかけてあった物の様ですが、素人目には特に難物には見えませんでした。まだまだ袷の構造や縫い方・順もいまひとつよくわかっていませんが、七五三にちょうどイイという気持ちが先行して、思い切ってチャレンジすることにしました。結果、いつもと同じく、なんだかよくわからないままステキにでき上がりました。特に、私が縫っても模様が合うのが今でも不思議です。(身頃と袖のところの模様も袖巾の寸法を無視したら合ったのかも・・・)いつも先生の準備とご指導と仕上げに感謝×感激です。これからもよろしくお願いします。

ちょっとコメント
素敵なのを見つけてきましたね。難があるものでもシミを取ったり色を塗ったりと様々な加工が対応出来ます。そういう最初の加工もどうコーディネートするかを判断していく事ができますので何でも相談ください。「仕立て上げる」とは、ただ縫うことだけではなく、布を形にしていく為のプロセスすべてともいえます。
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025301
この記事に対するトラックバック