映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 孫の三ツ身 | main | 祖母のきものから >>

チェックの長襦袢

 
作品名  チェックの長襦袢
制作者  Y.S さん

 

生徒コメント

手持ちの長じゅばんの数を増やそうと思っての挑戦でしたが、

私にはまだ早すぎた!!というのが正直なところです。

つるつるすべる、チャコの線もすぐ消えるというなかで、悪戦苦闘でした。

かなり時間がかかり、もうイヤだと何回思ったかわかりませんが(笑)

何とかできあがってうれしいです。


 
ちょっとコメント
長襦袢は素材的に着物よりも縫うのが難しいのです。下に着るものだから着物よりは最初に縫うには気が楽というのが皆さんの方向かな。
最初から着物でもいいのですよ。
生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025302
この記事に対するトラックバック