映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
6月2日 花火鑑賞&イタリアンディナーの会 18:30 〜 10,000yenn
沖縄染織いざなふの風 6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3橋楽亭
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 染め替えた無地 | main | 母から譲られた色留袖 >>

淡交社「なごみ」

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。



茶の湯、裏千家に通づる淡交社「なごみ」一月号より「美しい着姿のために」というテーマで毎月、お話をしていくことになりました。

 27年3月号において男の着付けと取り扱い方に付いて指導監修させていただきましたが、この号が好評だったことから連載をとお話がありました。私などで大丈夫かと大変心配ですが、光栄なこととお受けしました。

 皆さんお手に取って拝読していただければ大変ありがたいです。一年間がんばりますのでご声援頼りにしております。ぜひご感想などをお聞かせください。工房にも置いておきますのでどうぞよろしくお願いいたします。


メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025312
この記事に対するトラックバック