映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雪輪訪問着 | main | マンゴー >>

立体形状の帯

作品名  立体形状の帯
制作者  Y.Hさん






 
生徒コメント
「心よきもの展」で出会いました。
「立体に織る」という世界、藤田織物の想い、お話には大変感銘とおどろきを覚えました。熟練の職人さんに織られた帯の光の当たり方により、様々な表情に変化していく様子を楽しみたいと思います。
ほぼ3シーズン締められるということで、大切にしたい帯です。
 
ちょっとコメント
大変素晴らしい織り上がりの八寸帯ですね。この張り感伝って来ますでしょうか?
麻地ではなく、絹地で表現してあります。
皆さんが勘違いしていることで九寸帯の幅を狭く織るのが八寸帯と、出来上がりの幅をかえただけで八寸帯が織り上がるだろう!幅もないし、かえって楽なのでは?とお想いの方がほとんど。
実は大変さ、技量が問われるのがこの八寸帯なのです。
着用事は芯も入れることはしないし、耳は見えるし、そのものだけでカッチッと完成していなければなりません。
目利きの視点として「そのものだけで帯として成立している」かどうかです。
その点で藤田さんにはいつも脱帽するのです。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025315
この記事に対するトラックバック