映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「沖縄染織コーディネート展」を開催します | main | 雪輪訪問着 >>

紫根染 絞り 道中着

作品名  紫根染 絞り 道中着
制作者  N.K さん








生徒コメント

某朝ドラヒロインの羽織を見て、「あ!」と思い出した古い反物。
眠っていた反物は羽織ではなく道中着となりました。
裏は工房で選んだもの。とても気に入っています。
飾り紐はあまりかわいいものは似合わないかも、と、茗荷結びにしました。
道中着を縫わなかったら知らなかったかもしれません。
お休みがちのお稽古ですが、日々あくせくとしていている私には、
和裁のお稽古は気持ちを切り替える大切な時間です。
先生、ありがとうございます。

ちょっとコメント
着物を縫うことは昔の女性にとっては必須科目で、学校の 授業にもあり、上手になる事が良い結婚相手の条件にもなりました。その頃の和裁というのはまさしく必死に訓練のように縫う和裁でした。それが今、形が変わり、山本に来て縫うことが至福の時といってもらえることは、プロの和裁士の私たちにとって至福の言葉となります。こちらこそありがとうございます。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025321
この記事に対するトラックバック