映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夫の長襦袢 | main | 「洗える着物の洗い方/仕上げ方」講座開催  >>

プレゼントの三つ身

作品名 プレゼントの三つ身
制作者  M.K さん





生徒コメント

知り合いの外国人カップルの赤ちゃん向けに作りました。
きっかけは、我が家のお姫様たちの着物姿をほめていただいたからです。
来年のお正月かひな祭りに遊びに来られた時に着せてあげたいと思い、
ナイショで作りました。喜んでもらえるか、ちょっとドキドキです。
残り布があるので、3才の七五三にはお揃いの被布を準備できそうです。
先生が上前の雲取り模様をきれいに合わせくださり
まるで裾模様のように上等にみえるので、私のお気に入りです。

ちょっとコメント
外国人の方が抱いている着物のイメージは、とても高貴な魅力ある衣に見えているようですよ。日本人は自国の文化衣装であるにもかかわらず、興味ないわという人が実はほとんどです。非常に残念ですね。外からの目で見ている諸外国の方たちの方が着物のパワーがわかるようです。そんなものをプレゼントするのですから、胸を張って下さいね。
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025322
この記事に対するトラックバック