映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< マンゴー | main | 末娘の羽織 >>

沖縄で出会った琉球絣

作品名 沖縄で出会った琉球絣
制作者  冨田 御幸 さん








生徒コメント

沖縄旅行で出会った琉球絣です。
お茶のお稽古をしている影響で、無地やフォーマル系の着物が多く、普段に着て歩く着物がとても欲しかったのです。
反物が広げられた時に、目が惹き付けられ、一目で気に入りました。深い青色の中に散らばるジンダマ模様の黄色やグリーン。私の求める程よい華やかさを漂わせる柄行きでした。
楽しくおしゃれができそうです。

ちょっとコメント
黄の帯をジンダマが結ぶ、素敵な柄配置に出来ました。毎年、春目前に仕事で沖縄に行くのですが、希望者も一緒に行くんです。
コースは喜如嘉の芭蕉布の平良さん〜久米島紬の組合〜首里の紅型〜南風原の琉球がすり、と盛りだくさん。皆さん私共が行くと大歓迎してくれます(感謝)普通の見学とは違う職人同士の着物の話を聴けるので、皆さん頭の中が大変なんですって。
楽し過ぎた!旅行想い出しますね。
ぜひまたご一緒に、近いうち(何年内か)に行きましょう。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025323
この記事に対するトラックバック