映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 羽尺を着物に | main | 錦彩織の単衣 >>

自作の草木染め絵絣「蝶々」

作品名 自作の草木染め絵絣「蝶々」
制作者 R.O さん







生徒コメント

絣で一匹の蝶々を織りました。はたして柄が合うか不安でしたが、「着ると見えなくなるけれど、絣を合わせましょう」と先生に助言をいただき、衿先まで柄合わせができました。そして大切な一枚が仕立て上がりました。
表地と胴裏を合わせるのがとても大変でしたが、仕立て上がるとさて次はと、楽しみになります。
衿先までの絣合わせは自分では考えていませんでした。気づかせていただいた”先生の助言”はとてもあたたかく、感謝いたしました。織り手として心に残る一言でした。ありがとうございました。

ちょっとコメント
私たちは縫うことしかできず、それを教える事に喜びを感じていますが、大島さんは糸の段階から着るものを考えて、染めて、織って、縫って、そしてそれを着て活用していくのは私たちからみたら、スーパーウーマンにしか見えません。衿先の柄合せは、その時々の柄で決まってきますが、そのことぐらいは私たちは得意といわせてください。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025325
この記事に対するトラックバック