映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 末娘の羽織 | main | 自作の草木染め絵絣「蝶々」 >>

羽尺を着物に

作品名  羽尺を着物に
制作者  C.U さん








生徒コメント
黒系のおしゃれ着を探していたら、素敵な羽尺に出会いました。
遠目に見るとオレンジ色にも見えて不思議。
先生に選んでいただいた袖口、すそまわしのピンク色がすごく効いていて、とても気に入っています。

ちょっとコメント
山本の得意とすることに、その人に合わせたカラーコーディネートが施せるということがあります。これは指定どおりに色の染めをコントロール(コーディネート)する技術がなければできません。色を決めている時は私もとても幸せに感じます。

外注さんの染元にも感謝です。これからも目指す色がしっかりと染めてもらえることを祈るばかりです。実は日本の染色の規制が厳しくなり、好きな色も染められなくなる時代に突入しています。染めたい色がある人はお早めに。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025330
この記事に対するトラックバック