映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沖縄で出会った琉球絣 | main | 羽尺を着物に >>

末娘の羽織

作品名 末娘の羽織
制作者  E.M さん








生徒コメント
「何にしてもイイから使って!」と知人に頂いたピンクと茶の細い縦縞の着物で、娘がスグに「カワイイ!!」と飛びついたものでした。一ヶ所強いシミもあり、着物で着るには縞がすこしクドイ感もあったので、羽織に作りかえる事に決めました。
娘の要望で、ヒザ丈の長めのものにしました。縫うにはずっと薄物ばかりを扱ってきたので、少々厚めで針を抜くのに大変でした。が、柄が縦縞なので、真っ直ぐに縫うのはキレイにできたかなぁ〜
娘には大変よろこばれました。衿裏のちどり縫いがおもしろかった!です。

ちょっとコメント

最近ではこの羽織の襟をキチッとすわる仕上げが出来る職人も少なくなってしまいました。

なので教室の方が羽織を完成させた時には、こちらも嬉しくなってしまいます。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025332
この記事に対するトラックバック