映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8月のお教室 | main | 小紋柄道行コート >>

ブルーの大島

作品名 ブルーの大島
制作者  早川 聡子 さん








生徒コメント
大叔母の遺品のゆづりわけの日、二さおのタンスの中から2点の品を選んだ内の1品。細かい目の中に、かすかに木の模様のある地味な色で、明るい色の好きな私にとっては地味ではあるが、その小さな木々が好きになりそうだった。

縫いながら故人のことなど考えているうちに、だんだんと早く仕上げて着たくなってきた。布は縫いやすく、軽くて着やすそうだ。

裾まわしを新しくしたので、裾まわし利用の小物を作ってみた。丁度ひなまつりの頃だったので、手まりにした。

女の子のおまつり―ひなまつりの頃になると、亡くなった祖母、母、妹などと一緒に楽しんだひなまつりを想い出す。 遠い親せきの大叔母様の着物をゆづりうけたのも女系の楽しさを感じた。

ちょっとコメント
一つの着物を作り直して生かすことによって、感じられた日本の奥ゆかしいお祭り!こんな形で和裁が一助になっているなんて生業としてやっている私達にはなかなか感じられませんね。でもそれを教えていただけるお教室は何と素晴らしいんでしょう。こちらこそありがとうございます。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025334
この記事に対するトラックバック