映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブルーの大島 | main | 大島KIRIKO >>

小紋柄道行コート

作品名 小紋柄道行コート
制作者 T.大木 さん








生徒コメント
この反物は以前お友達から譲って頂いた物で、いつか自分で縫える時が来たら、縫って着てみたいと思っていました。道行なんてとっても縫えないと思っていましたが、先生の大丈夫縫えるわよという言葉に勇気づけられて挑戦してみようと思い立ち、ようやく実現しました。

自分が縫った物を自分が着るなんてこんな幸せな事はありません。勿論、先生の熱心なご指導があったからこそですが。これからも頑張って続けていきたいと思います。

ちょっとコメント
どうもありがとうございます。山本の入会案内には、最初から何でも好きなものを縫えますとうたっているのですが、一番最初に道行コートを縫いたいと言われたら、遠まわしに最初はやめておきましょうかと話す時もあるんですよ。ケースバイケース。

細かく縫って割るコテ仕上げや、道行衿の角の縫い方始末の仕方は難しい技術ですが、最初の運針の仕方をしっかり覚えてもらい、数枚やった後でしたら、道行も縫っていただいてます。裏を返せば、こんなに短時間に簡単に道行コートを完成に導けるのは、特別なんだと思っていただけたら嬉しいです。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025336
この記事に対するトラックバック