映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
沖縄染織コーデネート展 5月17日(木)〜5月21日(日)
開港祭花火&ディナーの会:6月3日(土)19:00/スタート
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10月のお教室 | main | 縞模様のお召し >>

斜万筋の着物

作品名 斜万筋の着物 
制作者 NONNA N. さん

 

 

 



生徒コメント
この袷長着の模様は、伝統的な伊勢型紙の伊勢五役”万筋、通し、行儀、斜万筋、角通し”の中の一つの斜万筋です。気に入って数年前に購入し、手許であたためていました。この度、山本先生との出会いのきっかけを作って下さった知人に着て頂きたいと思い立ち、その方の作品との物々交換ということで折合って、やっとのことで寸法を頂いて、仕立てるはこびとなりました。
工房に通い始めて2年と3ヶ月が経ち、この袷長着は8枚目の作品です。袷長着の縫い方だけでも何とか習得したいと思っていますが、”基本のキ”の運針さえもいまだに習得出来ていないので、前途遼遠です。でも望みを捨てないつもりです。

ちょっとコメント
今までの教室生徒さんで2年と3ヶ月で袷長着を8枚縫った人はいないと思います。基本はすでに習得しているといってもよいのではないでしょうか。あとはコツを覚えていけばいいので終わりはありませんが、楽しく覚えていってください。

ちなみにNONNA N.さんは傘寿を越えていらっしゃいます。私もNONNA N.さんのようにバイタリティーあふれる毎日を送れるよう目標にします。今のNONNA N.さんに届くかもわかりませんけどね(笑)

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025341
この記事に対するトラックバック