映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 菊菱模様の小紋 | main | お茶席の付け下げ >>

はじめての袷

作品名 はじめての袷
制作者 Y.盒 さん








生徒コメント
浴衣の次は柔らかもの袷に挑戦しようと見せていただいた反物の中から、かわいさと上品さを合わせもつこの小紋を選びました。
真っ直ぐ縫ったつもりが曲がっていたりと何度もやり直し、ゆっくりとしか進みませんでしたが、習い始めて一年でこんなに素敵な着物を仕上げることができ、とても感激しています。

ちょっとコメント
着物を縫うということは、お教室で考えたらとても大きな作品ですから、皆さんは自分には難しいだろうと感じてしまう節があるのは当然ですね。そこのところを山本ではなるべく苦労を感じさせず、楽しく完成に導くようにしています。これってなかなか難しいことなんです。そこが山本のテクニックかな。もの作りを楽しむ、それに着物を選んでくださりありがとうございます。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025342
この記事に対するトラックバック