映画賞

きるものがたり 山本工藝(新しい屋号になりました)

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。山本工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お茶席の付け下げ | main | 名古屋帯 >>

洗える絹の単衣

作品名 洗える絹の単衣
制作者 田中 玲子 さん








生徒コメント
仕事がら夏にも着物を着なくてはいけないのですが、ポリエステル地は踊りにくいので、洗える絹のものがあればと思っていた時に、工房で出会ったのがこの反物でした。工房へ通い始めて10年余、やっと和裁の入口にたどりつけたかなと思っています。
これからもいろいろなものに挑戦していけたらと思います。

ちょっとコメント
この生地は、世の中に洗える絹の着物でいいテイストのものがなかなかないので、よしそれでは自分で開発してしまえと、織元に依頼をして、開発した自信の一品 です。
これも絹という糸の素材の適性を理解している人と組まなければなかなか作れないし、布の表情もどうしたらどうなるということを責任を持って指示しないと作れないので、完成した時には本当に嬉しかったです。

水を通して洗える絹はそうはないので、ぜひ皆さん作ってみてください。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025343
この記事に対するトラックバック