映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小紋柄道行コート | main | 羽織を帯に作り替え >>

大島KIRIKO

作品名 大島KIRIKO
制作者 H.K さん








生徒コメント
今の時代の大島紬といった感じで、色柄ともとてもモダンなのに魅かれました。色の濃淡を合わせるかずらすかで、全く雰囲気が異なります。柄合せ(裁ち)の大切さを学びました。
相変わらず手が遅く、先生には手とり足とり辛抱強く教えていただき、ようやく仕上がりました。忙しく暮らす中、「縫う時間」は心が静まるとても大切なひとときです。形になっても嬉しく、着て嬉しく、身も心も幸せに包まれます。

ちょっとコメント
この大島のぼかしの間隔は数あるデザインの中でも非常に難しい部類に入ります。

一つ合わないだけで全体が合わなくなります。反物をよく観察し、頭の中でデザインを構築していきます。その中で、暈しをずらしながらの段が付け下げ風に流れるのを察知して、とても良くなるとKさんにお勧めしました。

見事に縫い上げましたね。おめでとうございます。私も同じく幸せに包まれます。感謝!

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025345
この記事に対するトラックバック