映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
第9回 きるものがたり展 4月13日(木)〜4月16日(日) まかない半襟付け講座 5月14日(日)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 斜万筋の着物 | main | 「ハマの職人展」に出展します >>

縞模様のお召し

作品名 縞模様のお召し
制作者 K.R さん

 

 

 




生徒コメント
クリーム地の普段着が欲しくて、工房でもとめました。縞模様なので、直線はとても縫いやすかったのですが、ななめの線は生地がかたくて折り線がとてもつけにくく難しかったです。
最初先生に黄色系の八掛をオススメしてもらったのですが、その時の気分で少しオレンジがかったものを選びました。縫っているうちにやっぱり黄色系にすればよかったなと思い始め、先生のオススメは正しかったんだと後悔しました。
久しぶりの袷でしたが、今までの反省点をいかして、少し前よりうまくできたのではないかと思っております。

ちょっとコメント
いやいやそんなことはないですよ、素敵な八掛の色に 仕上がっています。私どもが勧めた色味と違うのでそう感じる部分もあるのではないですか。自分に合う色は自分が一番知っている訳ですから、そのとき選んだ色に胸を張って着てください。完璧に素敵ですよ。

着物は着るだけでも気分が晴れやかになるわけですから、そんな思いは着た時に吹き飛ばしてしまって下さい。必ず素敵な一日になります。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025347
この記事に対するトラックバック