映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 羽織を帯に作り替え | main | 茶色の単衣 >>

染め替え道行コート

作品名 染め替え道行コート
制作者 Y.N さん








生徒コメント
昔購入した朱色のコート地を染め替えて頂きました。とても落ち着いた色に変わり気に入っています。仕立ては大変でした。
お袖以外は割り縫いの為、細かくまっすぐ縫うこと、長着のようにキセをかけてごまかすことができません。小衿の角は額縁のように仕上げることが難しい技術で、丁寧に教えていただいたおかげで、きれいに仕上げることができました。くるみボタンはまっすぐに付け、身頃の方がつれないようにつけることが難しく、何度も縫い直しして仕上げました。

ちょっとコメント
染め替えは、皆さん喜ばれますねー。
この再生出来る技術は、和裁の技があってこそのたまものです。
今回は、元の布が少し取って置いてあったので、とても参考になりますね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025348
この記事に対するトラックバック