映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 名古屋帯 | main | 9月のお教室 >>

長着からうわっぱりへ

作品名 長着からうわっぱりへ
制作者  Y.H さん


 

 


生徒コメント
紬地の袷から家庭着を作りました。
和服にも洋服にも対応できると思います。
内側のポケットは収容力があり、スマホも楽々と入り気に入っています。

ちょっとコメント
着物の上からもきる事が出来、割烹着の変わりに、はたまたお茶時の水屋着にいいですね。

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025354
この記事に対するトラックバック