映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木綿のお着物 | main | 夏塩沢に合わせた帯 >>

仕立て直し黒地羽織

作品名 仕立て直し黒地羽織
制作者 K.Fさん

 

 

 


生徒コメント
友人からいただいた着物を仕立て直しました。羽織を作るのは初めてでした。袖の巾を足すために接ぎを入れたり、前下りを縫ったり、まちをつけたり、乳をつけたりと、初めてのこともたくさん教わりました。難しかったけれど、楽しくできました。
表地の柄にぴったりの裏地も教室で見つけられて良かったです。

ちょっとコメント
振りからちらりと見える羽裏地も、これなら目を見張るアクセントになりますね。本小紋染めの逸品です。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025355
この記事に対するトラックバック